天草市栄町、理容サンハウスのブログです。


R30L20ET型スカイラインポールニューマンバージョン

昭和61年ころのお話です。

当時のパートナーが86は嫌いというので、いろいろ考えてR30スカイラインターボを購入しました。

大きい、広い、かっこいい。

スカイラインの前に30カローラ改2TG2000CCにも乗っていましたがまたそのクルマの話は別の機会にお話しいたします。

昭和59年式、エンジンはL20ターボ、ミッションはオートマ。

大阪のクルマオークションで引っ張ってもらいました。

ほんとは58年式のRSターボが欲しかったですが、程度の良いポールニューマンにしましたが、、、

スカイラインDR30、RSターボ





それにしてもR30スカイラインL20ET

大後悔><><

めっちゃ遅い。

こんなクルマ嫌だってな気持ちになりました。

そこで、また無駄遣いの始まり。

先ずはフジツボのマフラーに交換、ターボ車はマフラー交換だけでも走りがよくなります。

純正の過給圧は0.6kgf/cm2(単位はこれで正しいのかどうかは忘れました)

この過給圧を上げると走りがよくなるよ!

とチューニングショップのおじさんにアドバイスいただいたので、早速お願いしました。

純正のエンジンとタービンではターボの過給圧は1.0まで可能ということで、

過給を上げるVVC取付け、エンジンの圧縮比(この言い方だったかは忘れました)を下げるためにガスケット交換。

燃料を増量させるコンピューター(FCON)の取り付けで20万円近くかかったかな?

当然タイヤホイールもBBSに似せたGGRに交換。

ショックはビルシュタイン。

ブレーキパッドもウィンマックスに交換

という、おバカなクルマいじりをしていざ走ってみると、

L20でATターボのスカイライン早い早い!!

圧縮比が下がったのでしかもATなので最初の出だしがちょっともたもたしましたが、

いざターボがかかると強烈なGが背中にかかりました。

これがうれしいのです。

当時の新型のスカイラインGTSターボよりは早くなりました。

スカイラインGTS-X


たったこれだけのカスタムでこんなにも変身するとはびっくりしました。

わたくしは会社でドライブツアーの幹事してましたので、会社のクルマ好きの先輩たちとみんなでこぞって、

福岡から熊本方面へドライブに出かけておりました。

その時、先輩のコスモロータリーターボとの勝負にも勝ったのがうれしかった~。

コスモロータリーターボ

そんなに手を加えて仕上げたスカイラインをなぜ手放してしまったのですかね?

といつも手放した後に後悔しているんです。

この話はまだまだ20代前半のころです。


ということで、

このころにまさか将来床屋さんになるとはまだ夢にも思わなかったのであります。

最近、お客様も増えて大変ありがたく思います。

このブログでは私の人物像のご紹介を主にやっております。

恥ずかしいですけどね。

バーバーヨシ




  

Posted by バーバーヨシ  at 11:42Comments(0)クルマ・バイク
10代のころはギターに夢中。

グレコのテレキャス

20代のころはクルマに夢中。

AE86 トレノGTV

30代のころは筋トレとバイクに夢中。

シャドウ400

40代のころはバンドに夢中。

ブルースセッション

そして
50代になり、ベンチプレスと子育てに夢中
バイクはどうにかこうにか。

我が家の筋トレルーム


お爺ちゃんといっしょに。



いつも何かに夢中ですね。

最近ものすごくかっこいいフェアレディZに乗ってくるお客様がいらっしゃるんですが、

クルマ熱はとうの昔に冷めていたつもりでしたが、
そのZに魅せられてちょっと影響を受けてモンモンとしてます。

マルーン色の240Zを思い出すZ33です。


人って複数のことに情熱をかけるということはよっぽどではなければ無理かなぁと思います。

一つの事を最初から最後までやり通せる気概と根性があって達成感を味わえるし、

自己の魂のステージも上がっていくものとは思います。

僕みたいにいろいろやってしまうと不器用貧乏になってしまいます(笑)

いろいろやりたいことがありますが、

今の優先順位は筋トレというか
ベンチプレスをまず100kg挙げることに情熱を注いでおります。

なぜかといいますと、

50代後半になり、健康的な老後を過ごしたいと思うからです。

歳とってできた子供たちは成長するにしたがって少しずつ父親の年齢にコンプレックスを感じるかもしれないから(そうでないかもしれませんが)

少しでも体力的に元気でありたいと思うので、元気なうちから元気を継続させてもっともっと元気になっていきたいと思っているからです。

というか、筋トレが好きなんです。

今は、、、筋トレ>ギターです。

しかし、あのZを見たら、まだまだスポーツカー乗りたいし、

考えたらキリがありません。(笑)

先ずはとにかく今住まわしていただいている土地(天草)に感謝し一生懸命働く!

そして、いつまでも元気でいられるようベンチプレス100kg目指して頑張ります。

今年中にクリアできますように。

まだまだ、肘が痛いのでとにかく怪我をしないフォームを研究中です。

そして、子供のころからギターやってきましたが、弾かないとどうしてもへたくそになります。

高校生の頃はレインボウの「キル・ザ・キング」やサンタナの「哀愁のヨーロッパ」、クリエイションの「スピニング・トーホルド」等をず~~~~っと練習しておりました。

レインボウ、「キル・ザ・キング」




めっちゃ練習して一応は披露できる状態だったのですが、今はしどろもどろしか弾けません。

でも、

なんか弾いてって言われたらこの3曲だけは即弾けるようにしておきます。

ロバート・ジョンソン「Love's In Vain」by エリック・クラプトン



Eric Clapton - Rambling on My Mind (Robert Johnson cover - Live 2008)


Eric Clapton - Sweet home Chicago


仕事とは関係ないことばかり書いてますけど、

一番はこれです。


バーバーヨシ


  

Posted by バーバーヨシ  at 12:31Comments(0)音楽筋トレクルマ・バイク


ヤマハストライカー XVS1300CAのお話です。

排気量は1305CC、馬力は71馬力 車重は300kg近く。

福岡から天草に引っ越す際、いろいろいろいろいろいろいろいろお金が必要になり仕方なく売ってしまったバイクです。

とても気に入ってました。





ヤマハの逆輸入車です。

バイクとしては、でかい、とにかくでかい。

でも、同じくヤマハのレイダーには負けますけど。


レイダー 排気量は1900CC バケモン加速するバイクです。

それなりにストライカーも走りはアメリカンクルーザーとしては速かったですね~。

ストライカーとレイダーは形もよく似ていますが、

バイクとしては全く別物であろうとおもいます。


福岡県の志賀島にてのショット

レイダーは乗ったことがないのでよくわかりませんが、

ストライカーは、ギヤ比が高く、60km/hを3速でも、カラカラいいます。

ですので、街中ではほとんど2速で走ることになり、日本の道路事情ですと、街中では3速入れたと思ったら、すぐに2速に入れないといけないので、

待ち中では乗りにくく左手も疲れ、燃費も悪くなります。

僕のストライカーは街中では12㎞/ℓでした。

そのかわり、バイパスや高速に入れば本領発揮、胸のすく加速感を味わえました。

といっても、僕はアメリカンのクルーザータイプのバイクしか乗ったことがないので、

4気筒のスポーツタイプの大型バイクから見れば大したことはないでしょう。

僕みたいに、シャドウとか乗ったことない者からするとちかっぱ走る!







排気量は1305CC、馬力は71馬力 車重は300kg近く。

取り回しは意外と大変。




今乗っているスポーツスターはそんなに速くはないですが、トルクがありますのでそこそこ乗りやすいです。荒々しい感じでもハーレーの方がいいですね。


動画は先日ハーレーでプチツーした時の動画です。

バーバーヨシ
  

Posted by バーバーヨシ  at 15:28Comments(0)クルマ・バイク


懐かしのクルマシリーズです。

ブルーバード810の次はトヨタコロナ1500GX4ドアセダンに乗ってましたが、ブログでは割愛させていただき、

スプリンタートレノGT-APEXとGTVのお話です。

会社員時代はクルマ基地外が多くて、僕もその一人でした。

当時夜勤で暇なときはとにかくクルマ雑誌ばかり読んでました。

毎月発売されて目についたクルマの雑誌を買って全部隅から隅まで読んでました。

ホリデーオート、ベストカー、カートップ、CARBOY、
くるまにあ、CAR&DRIVER、OPTION、ヤングオートなどのカー雑誌です。



ですから、結構クルマに関する情報や経済なんかにはある程度は雑誌からの知識が頭に入っておりました。

で、スプリンタートレノGT-APEXを買うことになりまして、新車価格156万、オプションでエアコン20万円、諸経費込みで200万円超えで、

25万円くらい値引いてもらった覚えがあります。

その時、雑誌からの知識で、AE86にはギヤ比が4.1と4.3があって、走りの特徴が少し違うとかなんとかありまして、

内容は忘れましたが、それを当時のセールスマンに聞いたら、全然答えることができなくて、困っておられました。

嫌な購入者だったでしょうね。^^。

当時クルマのセールスマンの方意外とクルマ雑誌とか読んでないんだなぁという印象でした。





いよいよ、納車の日、友達に舞松原のトヨタまで送ってもらい、その場所でシートのビニールをはがして、
念願のAE86トレノGT-APEX

を受け取って帰ったのです。

昭和59年6月の梅雨でした。セールスマンは慣らしはあまり神経質にならなくてもいいですよ。

と言ってたので、雨が降ってましたが、試しにアクセルを踏み込んでみました。

タコメーターの針はコマーシャルで言っている通りあっという間にレッドゾーンに入り、

雨のせいと、初めて乗るGTの扱い方もわからず、タイヤはスリップしてクルマも真横に向きそうな感じでした。

もーこれまで乗ってきたクルマとは次元が違くて、友人も私もびっくりしました。

早速、コンポつけて、タイヤは純正が13インチだったので、友達からもらった7Jのホールに14インチ215/60のタイヤに交換しました。

このクルマであちこち行きました。すごいいいクルマでした。

余談ですが写真はTE71レビンと一緒に高速道路のどこかのパーキングで、シャツインの昭和スタイルです。
昔は、爺ちゃん、親父、叔父さん、近所のおいさん、学校の先生から、
「シャツはズボンに入れとけ!、ずんだれた恰好するな!ピシっとしとけ!」とよく言われてたんで、笑

今でも、本当はTシャツインしたいのですが、笑われるから仕方なく、、、笑


当時は信号で先頭に止まったら、シグナルGPを必ずやってまして、当時のジャパン、ケンメリ、71レビンとかには勝ってました。

後から出たMR2に勝った時はうれしかったですね~たいした自慢ではございませんが、インターネットとかなんとか今みたいにない時代でしたので、それくらいで満足していた若僧だったのです。

しかし、シティターボⅡとランサーターボと1.5CR-Xに負けたときはちょいショックでございました。笑

その後、今思うとどうして同じクルマに買い換えたのか理解に苦しむのですが、

スプリンタートレノGTVに買い換えました。



馬鹿みたいですが、APEXとGTVではセッティングが違うのかなにかで僕にとっては別グルマでしたんで。

当然GTVの方がポテンシャルが高く、とても楽しいクルマでございました。

ホイールはロンシャン、マフラーはフジツボ50パイ。

当時、手放したときは100万円。

今はもう300万円越えの車体もいくつかあります。

この後、クルマにさらにのめりこんでいったのですけど、

今考えると、このAE86が自分にとっては一番のクルマでした~。

歳甲斐もなくまた、乗りたいです。^^。  

Posted by バーバーヨシ  at 18:02Comments(4)クルマ・バイク
懐かしのクルマシリーズやってます。



高校卒業して、天神のコンピューター教育学院に通いながら午後は博多駅のデイトス地下の
ミスタードーナッツ&ディッパーダンアイスクリームでバイトし始めました。

スタート時給は380円。

少しずつあがってはいきましたが、、

ここのバイト生活はお金には代えられないいろんな経験ができて有意義なものでした。

自分が明るい性格だっていうのもこの時に気が付いたのです。





以前乗っていたセドリック330は父親のクルマだったので自分のクルマが欲しくて、

少ないバイト代でやっと買った車が

ブルーバードSSSーES。

新聞のチラシに29万円で載っていたので、父親とさっそくそれを見に行って。


昭和51年式ブルーバードSSSーES、走行36,000Km

意外と大きなクルマで乗り心地もよかったです。

エンジンはL18インジェクション仕様で115馬力

一緒についてきてくれたヤンキー兄ちゃんは

「これは4独(4輪独立縣架)やけん、足回りがいいとぜ」と言いました。

すぐにこれに決めて、いいクルマ買ったと思っていたのに、

友達からは不評でしたかね。なんでかわかりませんでしたが、

4独でどの程度足回りがいいのかなんてわかりもしませんでした。

友人がシティターボに乗っていて、そこら辺の道ではいつもおてきぼりされてましたが、

高速では、じわりじわりと離された距離をつめて、追い越すことができました。

おーなかなかいいエンジンだぁと初めて思ったもんでした。

ある日の夜、悪友たちと犬鳴峠に行こうという話になって、

シティーターボ、ギャランラムダ、ブタケツローレルと

僕の810ブルーバードで犬鳴の旧トンネルにドライブに行きました。

犬鳴は最近映画にもなった場所です


旧トンネルの中めっちゃこわかったです。

そこで、ふざけながら、立ち〇ょんしたりして少し時間つぶして、

4台でキャンキャン飛ばしながら犬鳴を降りて行ったのです。

先頭のシティが道を間違えて急ブレーキ踏んで後ろのクルマ次々にタイヤを鳴らしながら止まりましたが、

僕は力いっぱいブレーキを踏んだにもかかわらず、前のギャランにぶつからないようハンドル切って、

川の橋のコンクリートのガードに左角を思いっきりぶつけてしまったわけであります。

もーむっちゃくちゃはがゆかったですなぁ。

友人たちはお前のクルマに乗りうつっとったい。

といいまいしたが、

シティの奴が後ろのこと考えんで急ブレーキ踏むけんやろうがぁ!

ということになり、

クルマの修理のためにまたまたバイトに精を出してはたらきました。

  

Posted by バーバーヨシ  at 11:06Comments(4)クルマ・バイク



先ずはカード決済とQRコード決済ができるようになりましたのでお知らせいたします。



では早速本題に。


フェローマックスは友達に譲りましたただで。

名義変更なし適当でした。

その次に乗った愛車は日産セドリック330 SGL 2000CC

画像は拾い物です。

愛車といっても、オヤジのクルマでほとんど乗ってなかったので僕が自分のクルマのように乗っていたということです。

オヤジがホンダの1300クーペからセドリックに乗り換えたときはもう、その豪華さにびっくりしました。


ホンダ1300クーペ

この1300クーペもなかなかのクルマだったと思います。

フロントヘビー、ハンドルは超重い、曲がらない、クルマの底が地面の凹凸に当たりやすい、

でも、直線はTE27レビンとごっつか少し早いくらいだったと思います。


TE27カローラレビン

僕が小学5年のころ親父がこの1300クーペで天草までドライブに連れてきてくれました。

「これが天草五橋ていうとぞ!」と話していたのを覚えてます。

どこからの港か忘れましたが、フェリーに乗って雲仙まで渡ったと思います。

楽しい思い出でした。

で、セドリックの話に戻して、

ボディはめっちゃでかく、内装は豪華、ハンドルはバリ軽い、それに初めて触るパワーウィンドが18歳の自分には何もかもが驚きで、

自慢ぶって乗り回していました。

友達からすげーすげーって言われるのに優越感を感じておりました。

ある日、福岡大学の学園祭にバンドで出演するために無謀にも運転がへたくそな僕がこのセドリックで古賀市から福岡市七隈の福大まで行きました。

途中、一方通行を逆から侵入してしまい、前から来たマルボウっぽいおじさんのクルマと鉢合わせになり、

どうしていいのかオロオロしていたら、いきなり、ものすご怖いおじさんが降りてきて

「なんしようとか!きさまー!!一方通行やろうが!!」と怒鳴られたので、

めっちゃビビッてウィーンとバックをして左の路地に逃げようとハンドルを切ったところが左後ろドアが電柱にぶつかりドアの部分が丸く凹んでしまいました。

「あー親父から殺される!」とおもいました!!泣

とりあえずは福大でライブを終わらせ夜中に自宅に戻り、

凹んだ部分をトイレのシュポシュポを張り付けて引っ張り表面は一応は元通りになりましたが、凹んだ後の丸い傷あとが残ってしましました。

次の日の朝、案の定、親父からたたき起こされ!

「おまやぁ!俺のクルマぶつけて何して遊びよったか!!」と怒鳴られました。

生きた心地がしませんでした。

そんな気弱な18歳の小僧でした。(向かって右端、場所はめかり公園の駐車場かな?)





  

Posted by バーバーヨシ  at 15:27Comments(2)クルマ・バイク

今朝は早朝筋トレの後、外をダッシュして軽くランニングしました。

自然免疫力アップを頑張りたいと思います。

朝日のあたるバーバーマンです。

話はガラッと変わって、僕はクルマ好きなんですが、

クルマの思い出でも少し語りましょうかね。

18で免許取って初めて乗った車は

「ダイハツのフェローマックス」です。



友達から1万円で譲ってもらいました。

名義変更も何もせずに適当でしたね。

クラッチは滑りまくって、カーペットはぐったら、錆で床に穴が開いてて、地面が少し見えてました。

排気ガスは白か青かわからんような煙がポッポポッポ出ていました。

何とも言えないガソリンのにおい、

学校に行くのに古賀駅までそれで通学。

当然エアコンは効きません。

ある夏の無茶苦茶暑い日、悪友たちが、

「おい!海いくぞ!」と誘ってきました。

あまり気乗りしませんでしたが、

無理やり5人乗って、

クルマの中で悪友の一人が「なんでこの車こげん熱いとや!」と切れそうな感じで文句を言いました。

「そげーいうなら降りやい!」と言い返しました。

後ろの席で悪友たちはイラついてました。

助手席の奴は涼しい顔してタバコをふかしていました。

タバコの吸い殻はカーペットをはぐって穴の開いた床から下に捨ててました。

僕は運転へたくそだったので、目をむいて必死に運転しましたが、

360㏄でクラッチも滑っている車に5人も大の男が載っているので、

35㎞/h以上はスピードも上がらず。

後ろから煽られてクラクションならされて、、

ふらつきながら運転しているので、「男たち、あーあーあー!!」とかいいながら、

やっと、古賀の海に到着。

暑いのなんの。

到着して、まぁブレーキもあまり効かなかったので、思いっきりサイドブレーキ引いたら、

根元からもげました。


「ボログルマ!」といわれました。

ちゃんちゃんですね~。

  


Posted by バーバーヨシ  at 10:43Comments(4)クルマ・バイク

今日でお別れです。

スパイク最期の朝。
あーもったいな~あ~かなしい。



もともと、僕はジムニーシエラに乗っていました。
お気に入りでしたが、


3速オートマで80㎞/h以上出したら、回転数だけ上がって壊れそうなクルマでした。

そんなとき、今の嫁と知り合って、
僕は福岡、家内は天草。


これはしょっちゅう行き来するにはきついと思い。

ものすごーよく走るレガシィB4-2.0GTに乗り換えました。

走る走る!超特急スポーツセダンでした。

かなりのお気に入りでしたが、家内に運転させたら、ぶつけまくって。

「わたしゃ、セダンは乗りきらん。」ボックス型でスライドドアがいい!

と言ってきかないので、泣く泣くこのレガシィも手放すことになりました。

思えば、このクルマは天草まで快適に行き来できるために買ったのに
一度もこれで天草に来ることはなかったです。


レガシイからモビリオスパイクに換えて、
その走りの差があまりにも大きすぎて悲しかったです。


遠出すれば疲れるし、スピードは全く出ないし。

でも、いいところは、先ず形は好き。中がちかっぱ広い。荷物がたくさん載る。
タウンユースには使い勝手がいい。

最初は妥協して乗ってましたが、そのうち慣れてこのクルマが好きになりました。

家にワゴンRが無くて、
も少し資金に余裕があれば自分がこのスパイク修理して乗りたいくらいですね。




スパイクは嫁のクルマなので、嫁が新しいクルマに換えたということです。

廃車するときはポーンとぼろぼろのまんま業者に渡さないで、
6年間このクルマにお世話になったんだから、


せめて、きれいに洗車してこのクルマに感謝して最期お別れするようにと家内に話したら、

今朝、一生懸命洗車してました。

子供たちにも、「スパイクに今までありがとう。」と言いなさい。

と話たら、「あーりーがと!」と言ってました。

でも、気分一新、新しいクルマでまた天草の街を走ります!

インスタは→こちら

お店に関する情報は→こちら

Facebookのページは→こちら

バーバーヨシ

理容サンハウス
カット大人1000円
お子様900円
0969-24-8422
毎週月曜日休み
8時半から18時半まで


  


Posted by バーバーヨシ  at 13:39Comments(0)クルマ・バイク




隙間時間の一人プチツーです。

冬は全く乗ってなかったので、車検間近なのでバイクの調子を診るためにも。

まぁ絶好調。

バイクは気持ちいいです。

BGMは友人が作詞作曲の満月の夕です。

買うときに、

シャドウスラッシャーにするかハーレーにするか?

シャドウスラッシャー

ハーレーダビッドソンスポーツスターロー


悩んでいたら家内がどうせ買うならハーレーにしーよ!

と背中を押されて買いました。

家内は意外と煽る方です(笑)

バイクは2年前天草スズキ販売で購入。

天草はバイクで走るには最高の場所ですね。

理容サンハウス
栄町サンリブ横です。
店舗前に駐車場あります。
真心込めて全力で接客いたします。

バーバーヨシ



  


Posted by バーバーヨシ  at 10:42Comments(0)クルマ・バイク